国産オートバイのスズキ

85年のデビュー以降、スズキの伝統として生産され続けてきたのが、空油冷エンジンです。基本構造が空冷であるため、ラジエーターなど重要物が必要なく、メンテナンス性に長けユニット事態の設計も、軽量かつコンパクトになっています。ですからこれまでたくさんの国産のバイクに、使用されてきました。その独特なエンジンのフィーリングは、今でも多くのユーザーの心をつかんで離しません。

空油冷エンジンは06年で最終となり、現在では水冷エンジンが搭載されています。水冷エンジンといえば、現代のオートバイではすでにスタンダードなエンジン形式です。シリンダーの周りをウォータージャケットで覆い、冷却液を循環させることでエンジンを冷やすという構造をもつ、オートバイです。シリンダーの外側に水の層が存在するため、空冷や油冷と比較して静粛性が高いことも、メリットの一つになっています。

さらにラジエーターサイズによって冷却効率が大幅に高まるため、エンジンの高性能化にも一役買っています。空油冷時代に得た圧倒的なキャリアを基に、新開発された水冷エンジンは独特な味付けが施され、中低速でのトルクを厚くしてスタートの時の加速感を、最大限にブラッシュアップしています。スズキらしさは水冷エンジンになっても、健在です。

スズキ バイク

国産オートバイのメーカー

国産オートバイで有名なところは、カワサキ、ホンダ、スズキ、ヤマハです。4大ブランドとも言われており歴史のあるメーカーです。カワサキは川崎重工業の製品で、オートバイといえば川崎というぐらい人気があります。ホンダは自動車業界でも名の知れたメーカーで圧倒的な信頼感があります。世界市場でも大活躍しており、燃費が良いと好評です。

現代では若者が多く乗っているスーパーカブも歴史のある乗り物で、大変人気の高い製品です。スズキは軽自動車のイメージがありますが、バイクにおいても優れた技術力を持っています。デザイン性が評価されており、個性的なオートバイを愛する人たちから多くの支持を受けています。4大ブランドの中では規模は小さめですが、スズキの世界観に引き込まれる人たちが大勢います。

ヤマハは世界的にも有名なバイクブランドです。楽器業界でも名が知られており、オートバイを販売しても大きな成功を遂げました。船などマリン製品販売もしており、こちらも成功しています。それぞれ強みとする部分が違いますが、日本のブランドが世界でも広く活躍できているのはとても誇れることです。日本の技術力の高さがよく証明される形となっています。

https://www.harleydetooling.com/
ハーレーでツーリング&キャンプ メーカー バイク工場